One day in the morning

One day in the morning

ある朝 気づく

A dolphin crossing across the sea

Of dimensions of galaxies

わたしは次元の海をおよぐイルカだ

Sings while swinging

歌いながら ゆらぎながら

Swimming soothes smoothly through

するするとすべらかになぎおよぎ

Sees beyond the seven seas

七つの大海を見晴るかして

At the same time

Stays.

ゆく。

Advertisements

Piano Concert(発表会)

Sometimes a small change can make a pretty powerful effect to get to change the whole life.

時に、ほんの小さな変化が生活全体を変えるほどの影響力を持つことがあります。

I played at a piano concert yesterday. Waiting my turn negative thoughts occurred such as suddenly forgetting the piece or irreparably strike a wrong key to make a big sound. I got nervous.

昨日はピアノの発表会でした。出番を待つあいだにネガティヴな考えが起きました。突然曲を忘れるとか、ごまかせないくらいでかい音で間違えるとか。まあ緊張した訳です。

I have often got nervous for real, which made me feel so bad that I left the time and place that was ‘here and now’, mentally.

本番になると緊張してたんですが、それって気分がわるいのでその時と場所、言ったら「今ここ」を離れちゃってたんですね、意識が。

But it was different yesterday.

けど昨日は違ったんです。

By unknown reason I just made up my mind to STAY. Stay at the time and place. Stay in my physical body experience.

何でかわかりませんが、留まる事に決めたんです。今ここに留まる。今ここを体験している人間の肉体に留まる。

That is grounding, right I think.

グラウンディングってこれかと。

 

 

 

The Goddess Of Fire (ペレ)

Have I told you I am a web designer? Last Sunday I got an attunement of Pele, the Lemurian goddess of fire. She coordinates the element of fire, the symbol of our spiritual bodies. With her support our spiritual bodies are fully empowered, to show themselves in their own expression.

ウェブデザイナーやってるんですが、それはそうと、日曜日、レムリアの火の女神ペレのアチューンメントを受けました。ペレは火の元素、その象徴するところはわれわれのスピリット体、をつかさどります。彼女のサポートによりスピリット体は元気になり、それ自身の表現をできるようになります。

Okay, you may wonder why I asked you if you had heard about my work. Yesterday my fellow team talked about the next sale on our website. The sale would be a three days sale starting today, on Tuesday, so I proposed the nickname for the sale as ‘Three Days Of Fire’. To my surprise the teammates completely liked the words and the sale got the name provoking the goddess of fire, Pele.

というか、それとウェブデザイナーと何の関係があるの、と思いましたよね。じつは昨日うちのチームで次のセールについて話し合ってました。昨日つまり火曜日スタートの三日間セールになるので、適当に「炎の三日間」とか言ってみました。そしたら驚いたことに皆すっかり気に入ってしまい、セールの名前が火の女神ペレを想起させる「炎の三日間」になってしまった。

Birds Are Angels

Birds are angels
For their beautiful wings
Forever swinging
Fly high.

Birds are angels
For their soothing voices
Forever lingering
Fly far.

Onto the earth they come
For their own love
For help of the wounded
Having flown from far.

So no tears are needed
On the time a bird leaves
Off his earthly provision.

For birds are angels
Coming close to us
Not only as earthly
But as heavenly body.

 

Language(言葉について)

Let me suppose one thing. We think as we use language to express what we think, but we do that as well as to create what we are going to think.

われわれは思考を表現する時に言葉を使う、と考えているけど、言葉を使うときに、自分の思考内容を創造してもいるのではないでしょうか。

That is one of the reasons why I write my blog in two languages.  English words including those around spirituality are often translated into Japanese words of very far meaning, I dare say.

これは、私が二つの言語でブログを書く理由のひとつでもあって、スピリチュアリティ(日本語注:スピリチュアリズムでは断じてありません)にかかわる用語を含め、英語が、それらが通常置き換えられている日本語だと、まるでかけ離れた意味になっていることが、少なからずあると思います。

Today I will try to show you a tip of my hobby about language to help you arrange your path of thought.

それで今日は、言葉についての私の趣味的なうんちくをちょっと書きますが、ひょっとすると、あなたの思考内容をいいほうに持って行くのに役立つかもしれません。

Here I have a Japanese word: mitomeru.

「認める」という日本語がありますよね。

In which meaning do you use ‘mitomeru’, ‘admit’ or ‘recognize’ ?

「認める」という言葉を、どんな意味で使うでしょうか。「過ちを認める」それとも「存在を認める」。

I put the examples of the use of  ‘admit’ and ‘recognize’ to follow.

以下、二つの例文を書きます。

I admit my mistake. (‘mitomeru’ as admit)

私は自分の誤りを認める。(認める = admit)

I recognize him. (‘mitomeru’ as recognize)

私は彼を知っている。(認める = recognize)

You can replace one by the other because the word ‘mitomeru’ wears no value in duality itself. They are accepted in the context.

上記二つの単語は置き換えることが可能ですが、それは「認める」という単語自体が二元性的な価値を持つわけではないからです。文脈によって、そのように受け取られるのです。